リンク メール
更新情報 プロフィール 議員活動 理念・信念 私の意見 世界の旅 田舎に生きる
田舎に生きるフラワーロード


 私はいろいろな国を旅行していて、ある一つのことに気がつきました。

  世界にはすばらしい国が数え切れないほどあります。しかしその国の真の豊かさとは、一体何で決まるのだろうと考えながら旅をしていて、ふと昔のことを思い起こしました。

  中学校の社会の時間だったと思います。当時(今から40年程前)はその国の豊かさは、確か砂糖の消費量で決まると教わったように思います。確かに当時日本では砂糖は貴重でした。また家庭の豊かさは何で決まるかというと、エンゲル係数(家庭の支出の中で食費が占める割合が低いほど豊かである)で決まると習ったように思います。では今は何で決まるのだろう。そう考えながらヨーロッパの町並みを眺めていると、花の多いのに気づきました。そうだ花の絶対量が多いということは、それだけ心が広いということになります。心が広くなければ花の管理は出来ません。そうするとその国の豊かさは花の絶対量に比例するのだと気づきました。

  ならば自分も挑戦してみようとおもい、ツツジの挿し木を始めました。兎に角花一杯にするためには材料がいる。遊んでいる畑には、思いつくままに花の咲く木を植えて苗作りをはじめました。あれから15年がたちました。挿し木したつつじも立派に花を咲かすようになりました。モクレンとか山茶花の苗は育ちすぎて移植が困難になりました。道路沿いに植えたそれぞれの花も時期が来れば美しい花をつけてくれます。そんな花一杯のフラワーロードを紹介したいと思います。

これは以前の町道(今は市道) に植えたレンギョウと雪柳。 白と黄色がうまく溶け合い一 番早く花が咲きます。

これは言うまでもなく菜の花です。菜の花は一度植えつけると毎年同じように花が咲くのが魅力的です。手間がかからず花が咲いてる期間が比較的長く、重宝な花です。これも同じく市道です。
これは桜が咲いていますが、やがて下のように芝桜とつつじが咲きます。
市道赤木〜佐須線です。延長が1.2kmあります。深山霧島、平戸ツツジ、サツキ、アメリカハナミズキなどを植えています。 深山霧島が咲きました。なんともいえない鮮やかさです。
下の写真は、市道河成堂野窪線です。延長1.5kmに平戸ツツジ、紫陽花などを植えています。(起点の状況です)
中間点の休憩所です。通称六角堂と呼んでいます。
市道赤木線です。少し日陰になるので花の咲き方が今一つです。
これは農道です。菜の花がきれいに咲きました。

田舎に生きるフラワーロード

トップ ll 更新情報 ll プロフィール ll 議員活動 ll 理念・信念 ll 私の意見 ll 世界の旅 ll 田舎に生きる ll メール