リンク メール
更新情報 プロフィール 議員活動 理念・信念 私の意見 世界の旅 田舎に生きる
世界の旅コペンハーゲン
   
野村町議会議員の折に、議員全員で北欧に21世紀の人類のテーマである『福祉と環境』の視察に行こうと言うになりました。議員の海外視察については、住民の皆さまからは、公費の無駄づかいではないかという意見も多分にあり、今回は全額議員の自己負担で行くことにしました。結論から申し上げますと、参加者全員が大変参考になったという意見であり、是非今後とも視察は積極的に行うべきであると結論づけました。以下主な視察地についてまとめてみました。
今回のコースは、オランダのアムステルダム経由で、デンマークに着きました。写真はデンマーク(コペンハーゲン)のシンボルともいえる、『人魚姫』の像が迎えてくれました。最初に視察したのが、コペンハーゲン市内のゴミ処理施設でした。市内のゴミは全てリサイクルして、今の技術でリサイクルできないものに関しては、地下に完全な状態で保管して、技術的に可能になった時に、再び掘り起こしてリサイクルするという、徹底した資源のリサイクルが実施されていました。
上の写真は、可燃ごみをコンポして冬場の燃料に利用します。市内はすべて温水の配管が各家庭に完備しています。
コペンハーゲンは、港町で町並みも大変素敵でした。市の環境に対する『ポリシー』は全てにおいて感心を致しました。地球温暖化に対しては、特別な配慮がなされていて、市内は車を規制して自転車を最優先させていました。またいたるところに風力発電施設が目に付きました。
視察は、一路ノルウェーのオスロに向かうことになりました。コペンハーゲンからオスロの旅は、一昼夜をかけて船で移動となりました。今まで船といえば、別府航路、瀬戸内海航路、或いは青函連絡船しか乗ったことがなかったので、船に対する印象はあまりよくありませんでした。しかし今回乗った船はこれが船かと驚きました。静かで流れるように進み、エンジン音はなく、船内はあらゆるものが整備されていました。さながら市内のシティーホテルに泊まっているようなものでした。船内のシーフードは特に最高でした。
        おやすみなさい・・・


 
   
世界の旅コペンハーゲン

トップ ll 更新情報 ll プロフィール ll 議員活動 ll 理念・信念 ll 私の意見 ll 世界の旅 ll 田舎に生きる ll メール