リンク メール
更新情報 プロフィール 議員活動 理念・信念 私の意見 世界の旅 田舎に生きる
理念・信念豊かな社会は老後の安心から



中国歴代の皇帝は、ひたすらに不老長寿を世界に求めました。

 中国で漢方薬がここまで研究されているのは、その遺産だといわれています。歴代皇帝がかなわなかった夢を、日本人が世界に先駆けて実現したわけです。しかし現実には、その実現した喜びよりも、逆に長生きすることへの不安の方が問題になっています。何故でしょうか。人類の歴史の中で、平均寿命というのは、5000年で30歳しか伸びていません。しかし日本の社会では、平均寿命がはじめて50歳に達したのが昭和21年。それから僅か50年で30歳平均寿命が延びています。長寿社会が余りにも早く到来した為に、これを受け入れる仕組みづくりが当然追いついていません。その為に泥縄式な政策が採られている訳であります。 医療、介護制度が後手に回るのはある意味で仕方のないことかもしれません。

 しかし急がなければせっかくの長寿社会が無意味になってしまいます。西予市の財政を見たときに、一番早く財政がパンクしそうなのが国民健康保険(国保事業特別会計)、老人医療特別会計、介護保険特別会計です。財政学上においても一日も早い対応が求められるわけであります。そこで「高齢者の健康づくり」と「高齢者の生きがいづくり」を市議としても真剣に考えてみる必要があると思っています。私の住む地域は、高齢化率がすでに45%を越えています。二人に一人が高齢者社会になっています。この地域の活性化を考えたときに、まずやらなければならないのは、高齢者自身の活性化ではないかと考えました。その為には、高齢者の方々が健康でいてもらうこと。次に高齢者の方々に生きがいを持っていただくことが、地域活性化の一番の方法だと考えています。健康づくりの方法として、可能な限り農業に従事していただくこと。土と親しむことでストレスが解消され、新しく物を生み出すことで生きがいがわいてきます。

 次にこの地域の周辺には、大変ありがたいことに、たくさんの温浴施設が出来ました。これをうまく活用することも大切だと思います。又併せて、インストラクターの指導を受けながら健康体操を定期的に行うことも重要だと思っています。生きがいづくりの場として、それぞれの集落に立派な集会所があります。これを利用しない方法はないと考えています。定期的に歩いて集会所に集まり、食事会をしながらおしゃべりをしたり、今はホームシアターも充実しています。懐かしい映画、音楽を聴くのも楽しいのではないかと思います。その他碁、将棋、マージャン、高齢者用のテレビゲームなどもあってもいいと思います。

  もう一度、昔持つことが出来なかった趣味を持ってもらうことが、生きるうえで重要な生きがいづくりになるのではないかと考えております。


理念・信念豊かな社会は老後の安心から

トップ ll 更新情報 ll プロフィール ll 議員活動 ll 理念・信念 ll 私の意見 ll 世界の旅 ll 田舎に生きる ll メール